会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
イベント
ルースセレクト
カテゴリー
虹色の花 -委託作品-
虹色の花 -オーダー作品-
ルースの部屋
Bellus -青の刻印-
桜 -from Blue Millefeuille-
数量限定アップ
ブレスレット
アーカンソー産水晶 原石
ヒマラヤ産水晶  原石
ブラジル産水晶  原石
クリアクォーツ加工石
クリスタルチップ(さざれ)
アクアマリン
アゲート・瑪瑙(メノウ)・カルセドニー各種
アパタイト
アメジスト
アメジストエレスチャル
アメトリン
エンジェライト
カルサイト
ギベオン
キャストライト
クリソコラ
クンツァイト
シトリン
ジャスパー各種
ジラソル
セレナイト
ダンビュライト
トルマリン
チベット産黒水晶
ピンクオパール
フローライト
ムーンストーン
メタモルフォーゼス
ラピスラズリ
ラブラドライト
ルチルクォーツ
ルビーinフェルドスパー
ローズクォーツ
エンジェルオブジェ各種
ドルフィンオブジェ各種
ロータスオブジェ各種
バレルビーズ
シルクリボン
ペンダントトップ各種
「なにが見えてる?」
書籍「安楽寄席探偵の事件簿」
リクエストアイテム
flour de nonnon (天然石ビーズのマスコット☆wish doll)
flour de nonnon (優しい雰囲気のトールペイント)
手作り雑貨-Blow A Kiss (浄化もできる☆さざれチップ入りクッション)
手作り雑貨-Blow A Kiss (石に優しい巾着とポーチ)
手作り雑貨-Blow A Kiss (ティスプレイ用クッション)
ショッピングカートを見る
今日の一言メッセージ 引いてみませんか♪
クリックで救える命がある。
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

翠(みどり)
誕生石はエメラルドや翡翠。
誕生日石はアイドクレース。
みどり色に縁があるようです

が、お店の名前には"Blue"
みどりも好きですが、青も好きです。

「自分が好きな石
 いいなと思った石」
を、コンセプトに集めた石たち。
同じ気持ちで迎えて下さる方へご縁を繋ぐことができたら、
うれしいです。

2012年11月より、ご縁がありまして虹色flowerさんの作品をお預かりすることになりました。
どれも「すごい」作品ばかり。写真より実物のほうが迫力があります。
ゆっくり眺めて、楽しんでいってください。
フリーページ
rss atom
ホーム 虹色の花 -委託作品- 【Accessories アクセサリー】 【Amulet-Pisces-魚座のアミュレット】ワイヤーストラップ
【Amulet-Pisces-魚座のアミュレット】ワイヤーストラップ







【Amulet-Pisces-魚座のアミュレット】ワイヤーストラップ





魚座のアミュレット。

終わりと、新しいはじまり。

それはまるで。

川から生まれたばかりの魚が、海へ、海へと長い長い旅をして世界を巡り。

そしてやがて、産卵の為に、自分の生まれ故郷の川に戻ってくる鮭のような。

そんな魚さんのイメージを感じました。

シルバーワイヤーと、ゴールドワイヤーの柔らかなラインは、水の流れを表していると同時に、2匹の魚の形にも見えまして。
その魚の目にあたる部分に、ブラックスピネルをつけました。

クリクリとした可愛らしい魚の瞳w
魚の形もワイヤーのラインから浮かんでくるのですが。

このアミュレットには、何故か、魚の色だけは見えません。

海の中で。或いは、川の中で。
魚が悠々と泳いでいたとしても。

外から見ている陸地の人間には、海越しに魚の色まで細かく識別する事ができないように。
自分自身の身体の色を、水で隠している魚さんのようにも見えました。

これはもしかしたら、水の柔軟性とも合わさって、どんな色にもなれる。
比較的、誰とでも合わせられる。
という事だったりするのかもしれません。

そんな、魚の色を隠している水は。

アクアマリンや、ネオンブルーアパタイトの海の水色と。
グリーンアパタイトやアマゾナイトの川の水の色。

性質の異なる水が混ざり合い。

うねるような水流が、魚を後押ししていると同時に、その水流は、後々の障害になっているようにも見えました。

例えば。

生まれた時には、その水の流れに沿って川を下っていければ、海に辿りつけるけれども。

長い旅路を終えて、産卵の時期に、生まれ故郷の川へ戻る為には。
かつて、後押ししてくれていた川の流れに逆らい、傷つき、ボロボロになりながら。水流を受け止め、川を、激しい滝を登ってゆかなければならない。

目指す所は、終わりの場所は既に決まっている。
なのにその障害に怖気付いて、向かわないなんて選択肢は、最初からこの魚さんには無いんだな思いまして。

潔いというか。自分の意思に真っ直ぐ忠実といいますか。我慢強いという感じで。

そしてこれは、なんというか。
帰る場所、故郷の川というのが。
逃げられない部分を表してるのかなぁと思うんですよね。

私は、逃げるというのは悪いことじゃないと思いますし。危険とか嫌とか、怖いならさっさと逃げちゃえばいいやん。
とか思う、びびりなタイプですがw


この魚さんは、たぶん。
きっと、逃げません。

それは、他ならぬ。捨てることができない大切な故郷を目指しているから。

ボロボロになりながら、逆流の渦の中に飛び込んで、何度も何度も、越えてゆこうとする。

新しい命を繋いでゆく為に。

小さな、うっすらと透明感のあるホワイトオパールは。
瑞々しい、産まれたての卵のようで。

ここから、きっと新しい命が生まれ、そしてまた世界を巡ってゆく。

そして、滝を登りきり、役目を果たした魚は、青い空へと還ってゆく。

旅路の終わりと。
そして、新しい始まり。


まさに、"巡る"という言葉がぴったりの、このアミュレット。

まるで人生の縮図といいますか。
一つのサイクルを表したような壮大な感じがしまして。

12星座の中でも、魚座は1番最後の星座ですし。
その次の星座、隣に位置するのは、始まりを意味する牡羊座ですので、この、川から生まれ、大海原の海を旅して、そしてまた元の川へと戻るというサイクルに、ぴったりの星座なんじゃないのかなーなんて思いました。

ただ。

終わり。END

これでおしまい。

というと、とても寂しい気がするけれど。

この魚座は、終わりとはじまり、は常にセットなんだなと感じまして。

これは、映画を見て、エンドロールを見て終わりという感覚とは少し違うと思うんですよ。

終わりのない、終わり。
新しく始まる為の、終わり。
この終わりさえも、新しいはじまり。

これは、同じ所をぐるぐる回って、進化も、進歩もしない事ではなくて。

例え、はたから見れば、同じような所をぐるぐると回っているように見えてしまったとしても。
確実に、以前とは違う、変化や進歩を感じて進んでいる瞬間。

変化とは、途中だととても感じにくいですが、節目の時にはその変化をありありと感じやすいと思うんですよね。

その、節目の部分と、"終わり"というのが重なっているんだろうなぁと思いました。

これは、うお座の性格判断などではなく、あくまでこの作品に対して、私が勝手に感じた事なんですが。


長い長い、旅路の果て。
産卵という大役、目的をを終えて、魚はまた海へ向かい同じ場所を泳ぎだすのではなくて。

そこで待ち受けているのは、魚にとっては、終わりを意味する死です。

だけど、私には。

死を迎えた魚が、今度は遥かな空へ、喜びと共に、生き生きと泳ぎだしているように見えまして。
川の流れに逆らい、傷つき、ボロボロになり。それで産卵して役目を果たしておわりという。そんなサイクルをただ表してるのではなくて。

終わりに見えたとしても、それさえも過程で。

魚さんは、故郷の川で新しい命を生み出すように、何かを託したり、進歩した後に。

新しいステージへと。
新しい空へと泳ぎだしてゆく。

喜びと共に。
今度は海よりも、川よりももっと大きな。
彼方の空へ還ってゆこうとする。

巡る螺旋の中で。
囚われてしまった訳じゃなく。
縛られてしまったわけでも無く。

階段を一歩、上へと登るように。

川や、海、という制約を飛び越え、今度は空へと向う魚。


そして。
新しい挑戦と共に。はじまりと共に。
この魚座とは、いつも最終地点や、終わりを見据えているものなのかなとも思いまして。

完成させる事。到達すること。
何かを残すこと。

最終目標、最終地点。
目指すべき場所。

そういうものを、常に見据えている瞳。


そして、その最終目標へと辿り着いた時には。
いつの間にか色んな場所を一周していて、元居た懐かしい場所に戻っているような感覚すら感じるのかもしれません。


そして。

また、新しいはじまりへ。

常に、常に。
この魚さんは。

終わりを飛び越えていくのかなと思いました。

確か、鯉のぼりの鯉も、滝を登りきると体が光を放ち、龍へと変身して、天へ昇るお話がありますが。

この魚座の、空へと向う魚さんは。
その後に一体どんな姿になるでしょうか。

ドラゴンのように、変身するのか。
それとも、翼を持つのでしょうか。

なんだか、それを想うと。
終わりは寂しいどころか、ワクワクするような気持ちで、見送ってるような気分になります。

そして、実は丁度、このアミュレットは、春分の日に作りまして。
牡羊座が3月21日からなので、日にち的にはもう、魚座ではないものの。
はじまりに片足を突っ込んでいる日にちなのが、すごく面白いなと思いました。

魚座のアミュレット。

終わりで、終わらせない。
新しいはじまりへ、ようこそ。

空を見上げながら。
その、はじまりを想う。

長い長い、大海原の旅路をくぐり抜け。
故郷の川へと、濁流の中、ボロボロになりながら帰ってきて。

そしてまた。

次に向うは。
新しい旅立ちの、空。

貴方は、この青い空の中で。
一体どんな風に泳いでいるのだろう?

瞳を閉じて浮かぶ光景は。きっと。

旅立ちの翼を大きく広げて。
その瞳に映されていた、空の中を。
悠々と、自由に。
新しい何かを目指して、キラキラと。
輝きながら泳いでる姿。

そして、また。
季節が巡るように。

終わりと、新しいはじまりの世界へ。

やがて、また。
還ってゆくのだろう。



そんなイメージの作品なのかなーと思います。





☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆
【使用している天然石】


アマゾナイト      2石(6mm丸玉)
ホワイトオパール    3石(4mm丸玉)
ネオンブルーアパタイト 3石(さざれ)
グリーンアパタイト   2石(さざれ)
アクアマリン      4石(さざれ)
ブラックスピネル    2石(メタリックコーティング)(ミニボタンカット)



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【サイズ表記】

ストラップサイズ 縦 約5cm
         横 約2.5cm(最大)



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【ご注意】

※上記の解説は、あくまで製作時に思った事や感じた事であり、このような効果があると保障するものではありません。
購入して頂いた方が、自由に感じるままに使って頂けたら嬉しいです。

※作品はアーティスティックワイヤーを使用した、手作り品ですので、衝撃を与えたり、強く引っ張るなどすると、変形や破損の恐れがありますので取り扱いにはご注意下さい。

※アーティスティックワイヤー (真鍮線にカラーコーティング加工)を使用しております。
*稀に変色したり、コーティングが剥がれる場合があります。

※写真は明るさなどを加工している為、実物とは多少色合いが異なります。

・ 販売価格

6,500円(内税)

・ 在庫数
売り切れました
SOLD OUT