会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
イベント
ルースセレクト
カテゴリー
虹色の花 -委託作品-
虹色の花 -オーダー作品-
ルースの部屋
Bellus -青の刻印-
桜 -from Blue Millefeuille-
数量限定アップ
ブレスレット
アーカンソー産水晶 原石
ヒマラヤ産水晶  原石
ブラジル産水晶  原石
クリアクォーツ加工石
クリスタルチップ(さざれ)
アクアマリン
アゲート・瑪瑙(メノウ)・カルセドニー各種
アパタイト
アメジスト
アメジストエレスチャル
アメトリン
エンジェライト
カルサイト
ギベオン
キャストライト
クリソコラ
クンツァイト
シトリン
ジャスパー各種
ジラソル
セレナイト
ダンビュライト
トルマリン
チベット産黒水晶
ピンクオパール
フローライト
ムーンストーン
メタモルフォーゼス
ラピスラズリ
ラブラドライト
ルチルクォーツ
ルビーinフェルドスパー
ローズクォーツ
エンジェルオブジェ各種
ドルフィンオブジェ各種
ロータスオブジェ各種
バレルビーズ
シルクリボン
ペンダントトップ各種
「なにが見えてる?」
書籍「安楽寄席探偵の事件簿」
リクエストアイテム
flour de nonnon (天然石ビーズのマスコット☆wish doll)
flour de nonnon (優しい雰囲気のトールペイント)
手作り雑貨-Blow A Kiss (浄化もできる☆さざれチップ入りクッション)
手作り雑貨-Blow A Kiss (石に優しい巾着とポーチ)
手作り雑貨-Blow A Kiss (ティスプレイ用クッション)
ショッピングカートを見る
今日の一言メッセージ 引いてみませんか♪
クリックで救える命がある。
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

翠(みどり)
誕生石はエメラルドや翡翠。
誕生日石はアイドクレース。
みどり色に縁があるようです

が、お店の名前には"Blue"
みどりも好きですが、青も好きです。

「自分が好きな石
 いいなと思った石」
を、コンセプトに集めた石たち。
同じ気持ちで迎えて下さる方へご縁を繋ぐことができたら、
うれしいです。

2012年11月より、ご縁がありまして虹色flowerさんの作品をお預かりすることになりました。
どれも「すごい」作品ばかり。写真より実物のほうが迫力があります。
ゆっくり眺めて、楽しんでいってください。
フリーページ
rss atom
ホーム 虹色の花 -委託作品- 【Sword- 剣 -&Wand- 杖 -】 【Sword - Archangel Chamael -大天使カマエルの守護剣】 ※ Pendant Top ※
【Sword - Archangel Chamael -大天使カマエルの守護剣】 ※ Pendant Top ※







※Pendant Top※
【Sword - Archangel Chamael -大天使カマエルの守護剣】






大天使カマエルの守護剣


漆黒の闇の中から。
突如として、まばゆい光の閃光が、走り抜ける。

全てを蹴散らすような、輝く光の翼。
何もかもを燃やし尽くすような、容赦のない、激しい炎。

ここは、光と闇が常に隣接する所。

その境界線。

最も危険で。
最も、激しい火花が散る場所。

いつものミニ剣では全て、中央あたりに付けていた筈のオーバルファセットカットのガーネットは、この剣では柄の先端に取り付けられ。

そこから、4mmのガーネットや、レッドスピネルが、赤く、熱く。
激しい炎が、熱せられ、圧縮された光が、剣の先端まで伝い、燃え上がっていく。

ゴールドワイヤーや、シトリン、ゴールデンオーラ、インペリアルトパーズの金色の翼。
その羽と共に強烈な閃光が重なり、稲妻のように走り抜けてゆく。

まるで、炎と、強烈な光で、闇を照らし、炙り出しているかのように。

ガンメタワイヤーと、ブラックワイヤーで表現した闇の部分は、炎と光に晒され、動きを鈍らせていき。
ブラックスピネルの小さく連なる暗闇は、赤い炎と混じりながら。

確実に、ジリジリと後退して、その姿を浮かび上がらせてゆく。


光と、闇。

お互いが最も近く。
最も、ぶつかり合う場所。

その戦いの、最中。

ぱっと見では、光と闇が混ざってるようにも見えるこの剣は。

よくよく見ると、金色の部分と、ガンメタの部分で、全く異なる表情を見せていて。
お互い、相入れない、反発する強さが常にぶつかり合っているようにも見えます。

最初に、この剣を見た時に感じたのは、物凄い緊張感の中で、常に心を張り詰めらせ、神経を尖らせながらも、光を放つ天使という感じでした。

それは例えば、危険な場所とか、大変な所、いつも忙しい所で長時間仕事をしていたりして。
常に心を張り詰め、神経を使わなくてはいけないような、そういう、ビリビリとしている緊張感。

一瞬でも、気を緩める事などできないような、物凄い圧力。

余裕なんて、何処にも無くて。
張り詰めた心は、闇の中を蠢くように。
心の内で戦い、せめぎ合う。

金色の光の翼は、走り抜ける稲妻のように。
闇の中をくぐり抜け。

これ以上、先には行かせない。

と、永遠に戦い続けている。

ひとつ前のサミュエルの守護剣では、あえて闇の中に入って、貴方を守るようなイメージでしたが。

この、カマエルの守護剣は。
闇に最も近くにいて、絶対にこれ以上通さないぞ!という強さを感じるんですよね。

鉄壁の防御の光と。
漆黒の暗闇が、同時に存在する剣。

それは、例えるのなら。

月明かりさえも無い、真夜中の暗闇で。
轟音と、強烈な雷のような閃光が、何度も空と大地を照らすようなもの。

イレギュラーな事態。

その光は、一瞬で。
なのに、何度も、何度も。
貴方の心の中に、ビリビリとした閃光が走り抜け、道を指し示し、後押ししてゆく。

それは、一言でいえば。

今までのどの作品よりも、"厳しい"んですよね。

これは、先生など、目上の人に怒られる厳しさとは違っていて。
ミカエルなどの、スパルタな厳しさとも違っていて。

常に、心を張り詰めていなければいけない状況で。
折れそうな心を何度も立て直し、何度も、何度も、挫けそうになるのを立ち上がってきた、自分の中での、戦いの厳しさというか。

終わる事が無い戦いに、常に身を投じているような感覚。
誰かに強いられている厳しさではなく、己の中にある基準。

とても、ストイックな部分というか。

時に、それは自分自身を縛り。
赦す事ができないほどに、激しく。
攻め立ててしまう事もあるけれど。

だけど...。
その厳しさの中で。
その戦いの中で。

何度も立ち上がり、立ち向かっている状態。

ここでの、光と闇とは、自分の心のバランスを表してるような感じもしまして。
闇がそのまま=悪なのではなく。

この作品での、闇とは、自分の心の平穏を保つのが難しいほどの、心の揺らぎや、苦しみを表してるんじゃないかなと思いました。

そして、この苦しみの中でも。
なんとか、心のバランスを保てているのは。

それだけの、価値を感じる。
大切なものがあるから。

自分以外の、守りたいもの。
大切な人の為に。そういう人が居るからこそ、ここまで頑張れる。

という気持ちのようなものでした。

それを表してるのが、剣の中央にある、カーネリアンの4mmの丸玉で。

これが、カットが入ってキラキラしている石でもなくて。
真っ赤に燃え上がるような、怒りの炎や、焼き尽くすような激しいものでもなくて。
あえて言うのなら、ありふれて、何処にでもありそうな石であり、"普通"の色合い。

だけど。

大切な人を常に想うかのような。
カーネリアンの赤色。

闇と光の戦いの最中。
その緊張と、すり減るような心の葛藤の中で。

守りたい。

そう思える、大切な人が、剣の中央に。心の真ん中に、在るということ。

これは、自分のためだけに頑張るよりも。
自分と、そして大切な誰かの為に頑張る方が、パワーが湧いてくる。

という感覚にも似ていて。

両方の想いを汲みながら、過酷な状況に向かい合い、進んでいこうとする事を表してるのかなと思いました。

だからこそ、これほどの厳しさでも、耐えられてこられたのだという、原動力のようなもの。

ストイックな人とか、自分に厳しい人とか、常に気が抜けないような、緊張感のある場所で働いている人とか。

一歩間違えば、簡単に心のバランスを失いかねない、ギリギリのラインを、綱渡りのように渡っているような感じもするんですよね。

普通に考えたら、もうちょっと心の余裕を持ってリラックスして、だとか、そういう事を言いたくなるもんですけども。

でも、このカマエルの剣は。

そういう、緊張感からすぐに解放するような光ではなくて。
断ち切る光でもなくて。

むしろ、ガンガンに後押しするような、光なんですよ。

その、厳しさの先にあるものが、何なのか確かめたい。
危険と隣り合わせで、ギリギリの綱渡りをしているのに。

立ち止まるのではなく。
諦めるのでもなく。

それでも、進み続けて。

その先を見つめろというのか......。


という、なんだその、半端ない厳しさは。(汗)
と、ツッコミを入れたくなるくらに、過酷に見えるんですが。

しかし。
やっぱり、これもなんだかんだで。

誰かにやらされてるだとか。
嫌々やってるだとか。
強制的にだとか、そういう事じゃ無いんだと思うんですよ。

どんなに、それが過酷にみえたとしても。

自分自身が、それを選んでいる。
その先にある景色が何なのか、見てみたい。
進み続けてみたいと、そう思っているから。

最も、過酷な道を選び、進もうとする。
そんな、貴方を守れるように。

最も強い光で。
最も熱い炎で。

闇を切り裂くように、現れる天使。

大天使カマエルから手渡される。
小さな剣。

大切な何かが、胸の奥に在るから。
大切な、守りたい人と、想いがあるから。

この暗闇の中。
茨の道を進み続け。
例え何度、傷ついたとしても。

貴方が側に居るから。
この道を、突き進んで行ける。

そんな、決意の瞬間に弾ける光。

金色の、稲妻。
輝く閃光の翼。

揺れる心の中を、強く、強く。
光で満たすように。

震えそうな心を、強く、強く。
赤く燃える炎で、熱してゆく。


ならば。
私が、お前と共に行こう。


閃光で道を照らし。
暗闇に足を取られぬように。

燃え上がる炎で。
茨の道を、焼き尽くしながら。

貴方を後押ししてゆく、眩い光。

己の中にある。
光と、闇の戦いの果て。

大天使カマエルが指し示す、
道の先にあるもの。

強烈な、稲妻のように。
貴方を解放する光。


大天使カマエルの守護剣。

そんなイメージの作品なのかなーと思います。


※この作品は、アーティスティックワイヤー角線と丸線を混ぜて制作しております。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆
【使用している天然石】

中国産穴あき水晶ポイント  1石

ガーネット         1石+3石+1石(オーバルファセットカット+ミニボタンカット+4mm丸玉)
インペリアルトパーズ    3石(ペアシェイプブリオレットカット)
ゴールデンオーラ      3石(4mm丸玉)
ブラックスピネル      4石(ミニボタンカット)
シトリン          3石(ミニボタンカット)
レッドスピネル       3石(さざれ)
カーネリアン        2石(4mm丸玉)



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【サイズ表記】

ソードペンダントのサイズ 縦 約 7.8cm
             横 約 3.5cm(最大)

※この剣はペンダントの為、台座は付属いたしません。ご了承下さいませ。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【ご注意】

※上記の解説は、あくまで製作時に思った事や感じた事であり、このような効果があると保障するものではありません。
購入して頂いた方が、自由に感じるままに使って頂けたら嬉しいです。

※作品はアーティスティックワイヤーを使用した、手作り品ですので、衝撃を与えたり、強く引っ張るなどすると、変形や破損の恐れがありますので取り扱いにはご注意下さい。

※写真は明るさなどを加工している為、実物とは多少色合いが異なります。

・ 販売価格

13,500円(内税)

・ 在庫数
売り切れました
SOLD OUT