会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
イベント
ルースセレクト
カテゴリー
虹色の花 -委託作品-
虹色の花 -オーダー作品-
ルースの部屋
Bellus -青の刻印-
桜 -from Blue Millefeuille-
数量限定アップ
ブレスレット
アーカンソー産水晶 原石
ヒマラヤ産水晶  原石
ブラジル産水晶  原石
クリアクォーツ加工石
クリスタルチップ(さざれ)
アクアマリン
アゲート・瑪瑙(メノウ)・カルセドニー各種
アパタイト
アメジスト
アメジストエレスチャル
アメトリン
エンジェライト
カルサイト
ギベオン
キャストライト
クリソコラ
クンツァイト
シトリン
ジャスパー各種
ジラソル
セレナイト
ダンビュライト
トルマリン
チベット産黒水晶
ピンクオパール
フローライト
ムーンストーン
メタモルフォーゼス
ラピスラズリ
ラブラドライト
ルチルクォーツ
ルビーinフェルドスパー
ローズクォーツ
エンジェルオブジェ各種
ドルフィンオブジェ各種
ロータスオブジェ各種
バレルビーズ
シルクリボン
ペンダントトップ各種
「なにが見えてる?」
書籍「安楽寄席探偵の事件簿」
リクエストアイテム
flour de nonnon (天然石ビーズのマスコット☆wish doll)
flour de nonnon (優しい雰囲気のトールペイント)
手作り雑貨-Blow A Kiss (浄化もできる☆さざれチップ入りクッション)
手作り雑貨-Blow A Kiss (石に優しい巾着とポーチ)
手作り雑貨-Blow A Kiss (ティスプレイ用クッション)
ショッピングカートを見る
今日の一言メッセージ 引いてみませんか♪
クリックで救える命がある。
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

翠(みどり)
誕生石はエメラルドや翡翠。
誕生日石はアイドクレース。
みどり色に縁があるようです

が、お店の名前には"Blue"
みどりも好きですが、青も好きです。

「自分が好きな石
 いいなと思った石」
を、コンセプトに集めた石たち。
同じ気持ちで迎えて下さる方へご縁を繋ぐことができたら、
うれしいです。

2012年11月より、ご縁がありまして虹色flowerさんの作品をお預かりすることになりました。
どれも「すごい」作品ばかり。写真より実物のほうが迫力があります。
ゆっくり眺めて、楽しんでいってください。
フリーページ
rss atom
ホーム 虹色の花 -オーダー作品-   【- Custom-made -】   オーダーメイド   *オーダー作品*【Sword - 虹色のお守り-】+【Sword -闇の中にある光-】
*オーダー作品*【Sword - 虹色のお守り-】+【Sword -闇の中にある光-】







*オーダー作品*
【Sword - key Blade of Light -虹色のお守り-】+
【Sword -key blade of Darkness-闇の中にある光-】





※こちらの作品は、オーダーアイテムとなっており、オーダーメイドを申し込みされた方以外はご購入いただけません。

万一他の方がカートに入れられましても、そのオーダーは無効となります。ご承知くださいませ。



お客様のオーダーはこちらでした。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

作って頂きたいものは…剣です。某ゲームに出てくるキーブレードという武器(特に約束のお守りというキーブレードと過ぎ去りし思い出というキーブレード)を連想させるもの、また作品の中に出てくる登場人物や、(光と闇)、対となりつつも一体となったようなそんな剣をお願い致します。
もしくは光の剣と闇の剣別々に一本ずつ作って頂いても良いです。

某ゲームで私が連想するものは…キーブレード!と言っても種類が多すぎてどれが良いとか分かりにくいのですが…キーブレードと、王冠、星空の宇宙、光と闇をめぐる物語、物語の冒頭の、島の澄みきった海の水色、真っ青な空の色、陽射しをいっぱい浴びて生い茂る木々(ココナッツがついてそうな)そしてそこにエレトリカルパレードのような色とりどりのイルミネーションが加わって「さあ冒険の始まりだ〜!」とワクワク・ドキドキ…さながら真夏のクリスマスのよう…。夜には雪の代わりに流れ星が降り注ぐ…そんなイメージです。

先の備考欄では、光と闇が対になったような剣をとお願いしましたがそれですと白色と黒色でまるで色味が無くなりそう…と考えました。

私の好きな石はたくさんあるのですが…ラブラドライト・ホワイトラブラドライト・インカローズ・モルガナイト・ブルームーンストーンが特に好きです。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

その後のお客様とのやりとりで、光と闇のイメージの剣を2作品制作するということで、作らせていただきました。

*オーダー作品*【Sword - key Blade of Light -虹色のお守り-】


眩い光が差し込んで、映し出される虹色の世界。

その世界への扉を開く為の鍵であり。

その世界を探検する為の剣。


始まりはいつも、美しい海と浜辺だった。

とでも言いたげに、中央のレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)のカボションのから映し出されているのは、太陽が出る直前の、美しい空と海が混じる瞬間の景色。

見る度に、あの日の光景が何度も映し出されていくように。

その剣の中央にあるのは、大切な人との約束と、思い出。

そして、目線を上に上げていくと、カボションから映し出されていた思い出の海と砂浜が、現れてくるように。

ラリマーの海の一粒から、世界が虹色を描きながらどんどんと、再現されているようでした。

星降る夜のような、スターカットのアメジストに。ムーンストーンの月と、星空のラブラドライト。

ラリマーの周りには、スカイブルートパーズやアパタイト、タンザナイトの青色の海がどんどんと溢れ、広がっていく。
ほんの少しのペリドットは、南国の島にある、やしの木のようで。

そこは、某ゲームに出てくる、最初の島を思わせる世界のイメージでした。

南国の美しい海と浜辺、常夏の浮島。
その閉ざされた世界から、外へ飛び出してゆくように。

ピンク色の愛の色に変化した、ローズクォーツや、ピンクサファイア、レッドスピネルの道を進んでゆくと、徐々に暁の街並み、夕暮れの世界へと足を踏み入れてゆきます。

サンストーンのオレンジは、永遠に沈みゆく、夕暮れの太陽を。

マンダリンガーネット、ファイアーオパール、レモンクォーツのドロップカットやシトリン、など、黄色とオレンジ色の、美しくもどこか哀愁漂う、黄昏の街並み。

ここは、私の中では、某ゲームのストーリーの中にある、もう一つの重要な街。

永遠の夕暮れの街並みと、美しい夕日。

この剣は、虹色のグラデーションになりながらも、それぞれの色には個別の世界感があるような感覚でして。

だけど、その世界に囚われる事なく、自由に行き来するような、そんな感じなんじゃないかなと思いました。

某ゲームをモチーフとしてますが、そこで展開してゆく冒険と出会い。

この剣の中には、一つの人格、一つの世界で構成されたものだけを表しているのではなくて。

様々な世界の中を旅して、隠された想い出や、景色を探し。
その世界の一つ一つに、懐かしい気持ちを感じられる、キャラクターを見つけていくという事なのかもなと思いました。

不思議と、想い入れのあるキャラクターというのは、確実に、自分の中に繋がり、なんらかの影響を与えていると思うんですよね。
単なるゲームのキャラクターだから、というものを越えた気持ち。

それはきっと、このゲームを好きなお客様も同じなんじゃないのかなと思いまして。

ゲームを、世界観をモチーフにしたもの。キャラクターをモチーフにしたもの。

だけど、世界観や、その想いは、ゲームの中だけに存在しているのではなくて。

お客様の中に、その世界観が広がり、虹色に彩られ。
まるで、ゲームの中だけだった筈の世界が、キーブレードと共に現れてゆく。

それを手にして初めて、故郷である島以外にも、世界が存在するんだと知った、主人公のように。

そして、店長である翠さんが教えてくれたんですけど、光を透明なフィルターに通して出てくる影は、暗い闇や、黒い影ではなくて、虹色になるそうです。

光に、透明なものを通して映し出される影が虹色。
それは、この剣のテーマと、とても重なっている感覚がしました。

たぶんこの、虹色に彩られた剣は、光そのものを表したのではなくて、光を差す事で現れた影のような位置づけで。

透明なフィルターに、光を通して初めて虹色に輝く事を知っていくように。

光そのものでは、知ることのなかった、美しい色のバリエーションや、輝きを知っていくように。

虹色の剣と、この鍵で、その世界への扉を開き、色々な世界を探検してゆく。

といっても、私の作品は効果をもたらすものではなくて、自分の内面にフォーカスするような感じだと思ってますので。

自分の心に光を通して、見つけられる沢山の世界のようなもの。


ひとつとか、ふたつとか、そんな個数では表せないほどの世界を旅して、見つけてゆくもの。

これから、探し出してゆくもの。

いつかの日の約束も。

響き合う友情も。

繋がり合う想いも。

懐かしい記憶も。


はじめから、自分の中にあったのに。
ずっと、どこか遠くの外の世界にあるものだと思ってた。

ひとつ見つけてゆく度に、自分の想いが溢れ。世界が彩られてゆくように。

新しい世界への扉が、またひとつ、開らかれてゆく。

さあ、この鍵を使って。

次は、誰に会いにゆく?
次は、どんな世界にゆこうか?

光が織りなす世界を旅する為の、ワクワクするような冒険のはじまり。

貴方の心の中を旅する為の。

虹色のお守り。

そんなイメージの作品なのかなーと思います。

詳しい解説はこちらです。mixiページ【虹色の花】

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

【Sword -key blade of Darkness-闇の中にある光-】



この剣から、展開されてゆくのは、光の世界とは正反対の、闇のグラデーション。

闇の霧や靄をほんの少し閉じ込めたような、エレスチャルの水晶ポイントから。

黒いワイヤー、ガンメタの角線と、青色の細いワイヤー、シルバー色ワイヤーと、様々色のワイヤーを使用しまして。
さらに、盛った石も、基本的にはとても濃ゆい色の石ばかりを使いました。

ヘソナイトやガーネットの蠢く赤色。
これは、光バージョンの、虹色のお守りと比べると、永遠の夕暮れの街とは対象的な、ひたすらあやしげな黒と赤色の街になってまして。w
ナイトメアビフォアクリスマスの世界観のような色合い。

目線を上に向ければ、魔女のようにあやしげに光る、紫色のアメジストのオニオンカット。

そしてミックスタイガーアイの黄色は、周りの黒色と混じり、周りのオニキスや、ブルーサンド、ラブラドライトの闇色にじわじわと侵食されてゆくような感じで。

赤、青、黄、紫、と様々な色を使って闇の側面を表しながら。
ブラックスピネルの黒色が凛々しく暗黒に溶ける。

暗いとか、怖いとか、そういう雰囲気で目を背けるのではなくて、あえて闇というものをじっくり見つめてみた時に現れてくる世界。

そういうものを表したのかなと思いました。

その、夜に蠢くような、闇の世界を駆け抜ける爽やかな青色。

私にはこの色は、某ゲームの主人公の友達で、ライバルキャラクターのイメージの色でして。
一度は闇に取り込まれ、闇に染まり。支配されてしまったものの。
それでも、自分を取り戻し、自分の中の闇を見つめてゆき。
最後はコントロールできるまでになった。
しかし、その代償に自分の姿を失い、戻れなくなるのさえも覚悟して独りで戦っていた。

この剣も、そんなイメージで。

闇を遠ざけ、否定するのではなく、その中でもがきながら、それでも、受け入れてゆく姿。
闇の様々な側面を旅して、見つけてゆくもの。
光だけの世界では、知らなかった事。わからなかった事。

夜の闇を怖がるのではなく。
それを怖がって否定している、自分自身の内側にある闇の世界を開き、見つめてゆく。

だけど、もしかしたらこれは見たくない世界なのかもしれない。

その住人は、人を恐怖に陥れる事がなによりも喜び。みたいな部分があるのかもしれないし。
闇の世界に居る住人とは全て、自分自身の方が大事で、それ以外はどうでもよかったりするのかもしれない。

だけど、その闇の世界の中にも友情は芽生え、存在するにもそれなりの理由や、意味があるように。

その世界を旅して初めて、己の闇の側面に気がつき、受け入れてゆくように。

だけど...それは同時に危険な事でもあると思うので。

囚われ、完全に闇に同化し、取り込まれてしまわないように。

必ず、戻ってこられるように。

タンザナイトの青色から、剣の右端にラリマーをつけているんですが。
このラリマーは、光バージョンの剣にもある、主人公と同じ故郷の海を思わせるイメージの石で。

この色だけは、唯一闇の色に一切染まらず。
光バージョンの剣のラリマーの海にも繋がり。

その周りには暗いながらも闇の世界にある海を表している。

海というのは、遠い世界でバラバラになったとしても何処かで繋がっているという感じがするんですよね。

閉ざされた闇の世界に入り込んだら、もう戻れないのではなくて。

必ず、光への扉や道筋は隠され、繋がっている。

だって、闇も光も同じだけ自分の中に存在するのだから。


闇の中にある、光。

某ゲームの中のセリフで、闇の中には必ず、光があるんだ。
という言葉がありまして。

これが後々までとても意味のある、重要な言葉になってくんですが。

剣の中央に位置しているのは、その、闇の中の光を思わせるラブラドライトの薄青く、黄色いシラー。

写真では青くみえますが、角度によってはかなり黄色い光のシラーに見えるんですよ。

黒と灰色の世界にある、空と海の砂浜。

砂浜に座りながら、主人公達が見ていた、闇の世界と。

光の世界へ帰る為に突然現れた、輝きを放つ扉の色。

それが、ラブラドライトのカボションのシラーと重なりました。

深い闇の世界をくぐり抜け、駆け抜けてゆき。もう歩けないと、疲れ果て。
最後の最後に、辿り着く場所。

それは、光の世界へ帰る為の扉と、光の道しるべ。


たとえ、どれほど長く、どれほどの時間がかかったとしても。
どれほど深い闇に染まったのだとしても。

貴方が望むのなら。
必ず、またここに。
あの場所に。
帰ってこられるように。


途切れる事のない想いと。
光と闇の側面。
切り離される事なく。
繋がっている、空と海。

開かれる扉は、闇の中にある、光。

だから。

必ず、また逢える。

そうだろう?


−−だから、君を探しにゆくよ。
−−だから、君を助けにゆくよ。


この作品も、内面にフォーカスしているものなのかなぁと思いますので。
内面のワクワクするような光の世界を探索すると同時に、暗闇の世界をも探索し、受け入れたり、解放したりするような感じなのかなと思いました。

12月の受付分のオーダー全てに共通するもので、バランスが大事!ていう感覚が強くありまして。

光だけ、闇だけに偏るのではなくて。
囚われずに、それは自分自身の中に在るのだと受け入れてゆくこと。

そして、内面の世界が変わると、不思議と、現実で起こる事や、受け取り方まで変わってきたりして。
自分自身の内側と、現実での外側もまた、別々ではなく何処かで繋がり、変化してゆく。


光と闇の世界を開く為の鍵。


世界を探索し、解放する為の剣。


そして、その世界を安全に旅して戻ってこられる為の。


光と闇の二つのお守り。


そんなイメージの作品なのかなーと思います。


詳しい解説はこちらです。mixiページ【虹色の花】

ワイヤーのみで作った、小さな台座も付いています。

ちょっとオシャレで素敵な、卓上インテリア+”天然石を使ったお守り”として、見て飾って楽しんで頂ければと思います。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆
【使用している天然石】

【Sword - key Blade of Light -虹色のお守り-】


ヒマラヤバシール産水晶ポイント 5.5cm

ラリマー         1石(6mm丸玉)
スカイブルートパーズ   2石(4mm丸玉)
タンザナイト       8石+2石(ミニボタンカット+さざれ)
ラブラドライト      1石(5mm丸玉)
ローズアメジスト     2石(スターカット)
ホワイトムーンストーン  1石(4mm丸玉)
アクアマリン       2石+1石(ラフロック+ミニタンブル)
レインボームーンストーン 3石+1石(宝石質ドロップカット+カボション)
(ホワイトラブラドライト)
アパタイト        6石+2石(ミニボタンカット+さざれ)
ペリドット        1石+2石(さざれ+ミニボタンカット)
レッドスピネル      4石(さざれ)
ピンクサファイア     6石(ミニボタンカット)
ローズクォーツ      1石+1石(宝石質ブリリアントカット+8mm丸玉)
ファイアーオパール    1石(カットビーズ)
サンストーン       1石(6mm丸玉)
レモンクォーツ      2石(ドロップカット)
マンダリンガーネット   4石(さざれ)
ガーネット        2石(ミニボタンカット)
シトリン         2石+1石(さざれ+ミニボタンカット)
シャンパンカラークォーツ 1石(4mm丸玉)
淡水ケシパール     19石


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【サイズ表記】

剣のサイズ   縦 約13cmcm
        横 約 5cm(最大)

ミニ台座   高さ 約 3cm

【価格】  31,000円   ※オーダー料金込み


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

【Sword -key blade of Darkness-闇の中にある光-】

エレスチャル水晶ポイント   5.5cm

ラブラドライト       1石2石 (カボション+5mm丸玉)
ラリマー          1石(6mm丸玉)
アメジスト         1石+1石(オニオンカット+4mm丸玉)
ヘソナイト         1石(オニオンカット)
ブラックスピネル      1石(オニオンカット)
カイヤナイト        1石(ダイヤシェイプ)
ガーネット         2石(4mm丸玉)
オニキス          3石(6mmカット丸玉)
ミックスタイガーアイ    2石(6mm丸玉)
トルマリン         3石(さざれ)
タンザナイト        8石(さざれ)
ブルーサンド        7石(さざれ)
アンダリュサイト      4石(ミニボタンカット)


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【サイズ表記】

剣のサイズ 縦 約13cm
        横 約 5cm(最大)

ミニ台座   高さ 約 2.5cm

【価格】29,000円   ※オーダー料金込み


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【ご注意】

※上記の解説は、あくまで私が製作時に思った事や感じた事であり、このような効果があると保障するものではありません。
購入して頂いた方が、自由に感じるままに使って頂けたら嬉しいです。

※作品はアーティスティックワイヤーを使用した、手作り品ですので、衝撃を与えたり、強く引っ張るなどすると、変形や破損の恐れがありますので取り扱いにはご注意下さい。

※写真は明るさなどを加工している為、実物とは多少色合いが異なります。
・ 販売価格

60,000円(内税)

・ 在庫数
売り切れました
SOLD OUT